電子タバコを使用するメリット

昨今、喫煙を取り巻く環境は大きく変化しています。家族の副流煙を気にして家でタバコを吸うことが出来ない方も多いのではないでしょうか。そこで電子タバコを使用する方が増えています。電子タバコとはスターターと呼ばれる機器にリキッドを装着して吸うことが出来る物です。通常のタバコの煙とは異なり、水蒸気状の物が発生するので副流煙による影響が少ないと言われています。また、リキッドは吸える回数に比べて割安なので、スターターさえ購入しておけばその後は安く抑えることが可能となります。電子タバコは通常のタバコと比べて少ない種類の成分で作られていますが、味にそれほど違いはありません。そのため、通常のタバコと同じような感覚で吸うことが出来ますが、悪影響に関しては少ないとされています。それに加えてタバコをやめたい方の第一歩として使用するケースもあります。

電子タバコに変えてみよう

最近、世間はもっぱら禁煙の流れです。喫煙しているだけで白い眼で見られたり、分煙するために檻のようなところでタバコをすわなくてはならない光景がなんとも無様です。そんな中喫煙家の人にも、そして嫌煙家の人にもオススメなのが電子タバコです。火を使わないのでもちろん煙も出ません。そして身体に害がほとんどないのが特徴です。タバコをやめたい。でもどうしてか口さみしい。そんなときは電子タバコを利用してみるのがいいのではないでしょうか。有害物質もでない、灰も出ない。電子タバコ一つもってれば、いつでも充電して吸えるので毎回購入する必要がないなどのメリットがあります。実際わたしはこれでかなり健康体になりましたし、今までタバコを買っていたお金で他の趣味をすることができるので、本当に経済的で助かっています。ぜひぜひみんなにオススメしたいです。

電子タバコの構造と仕組み

一般的な電子タバコの構造は、カートリッジ・アートマイザー・バッテリーの3の部分に分かれています。「カートリッジ」は、タバコの吸い口に相当する部分で、煙(蒸気)の元になる液体であるリキッドを入れたり、アートマイザーへ送り出す役割があります。「アートマイザー」は、リキッドを気化させてミスト(霧)を作り出すという変霧器の役割を果たす部分で、電熱線コイルなどが仕込まれているため熱が発生します。そして「バッテリー」は、アートマイザーを発熱させるための蓄電装置のことで、出力が高いほどミストの発生量も多くなります。これら3つの部分は分解することが可能で、別のデザインのものと取り替えるなどして自分の好みに応じたカスタマイズをすることも出来ます。また中には、カートリッジとアートマイザーが一体になった「カートマイザー」と呼ばれるものもあります。