電子タバコで快適な人生を送ろう

20歳になってからタバコを吸い始める人は多いです。試しに吸ってみて自分の身体に受け付けない人はその場で止めるが、何も無かった人はそのまま吸い続けることになります。普通に吸っている分には何も身体に感じないが、実際に肺は黒くなっていて、身体は悪くなっています。20歳のときは若いから健康に気を遣わずに生きていても大丈夫ですが、30歳が近づいてくると健康に害があるタバコが怖くなって止めたくなりますが、ニコチンの影響でなかなか止めることができません。その場合は電子タバコにすることで、健康に害が無く本物のタバコに似た感覚を味わえることができます。このタバコは水蒸気というただの煙なので、自分もそして周囲の人にも迷惑を掛けることがありません。本物のタバコは副流煙で周囲の人も肺が悪くなってしまうので、お子様がいるご家族は電子タバコに切り替えた方が良いです。

電子タバコの構造とメカニズム

電子タバコとは一般の紙巻きタバコに近いサイズで、カートリッジとバッテリー、噴霧器などを備えた構造です。本体の吸い口から吸うと熱により液体が霧状に変り、霧状になった微粒子を吸引することで従来からあるタバコの代替え品として用いています。従来からあるタバコとちがい、火気を用いないので燃焼にともなうタールや一酸化炭素は発生せず、副流煙の心配もありません。形状は紙巻きタバコ型や葉巻型、パイプ型などがあります。使用方法はカートリッジと充電済みの電池をセットして、吸い口から吸引すると自動的にセンサーが反応して、カートリッジ内の液体を霧状にして、吸い口から噴出させます。手動式のものは事前にスイッチを入れます。霧状のものは吸引して吐き出せば本来のタバコのような煙に見えます。これは、霧状の粒子がタバコの煙とほぼ同じ大きさのためで、粒子は水分に吸収されにくく空気中に漂って見えます。

電子タバコに必要なリキッドの基本情報

電子タバコを使用するときは、吸引する蒸気の元になっている「リキッド」と呼ばれる液体が必要になります。このリキッドは、香りや味のバラエティが豊富であることが特徴です。フルーツ味やスイーツ味など、女性に人気があるものもありますし、普通のタバコの味が好きな人に人気があるタバコ味のものなどさまざまな種類があります。ほかにもエナジードリンク味といった変わったものや、新しい種類のものを楽しむことができます。そしてリキッドは、1本あたり1、000円程度と比較的手頃な値段で購入できるため、味の違うリキッドをいくつか用意しておけば、そのときの気分に応じて味を変えるという楽しみ方も可能でしょう。また、ニコチン入りのリキッドについては、日本国内での販売は法律上規制されていますが、個人輸入であれば海外から入手することも可能です。